李朝白磁トクサル [tc31133]

李朝白磁トクサル [tc31133]

販売価格: 66,000円

在庫数 1点
数量:
李朝時代、庶民の各家庭において、正月や節季ごとに餅を食べる習慣がありました。
その餅に、レリーフ模様を付けるための道具がトクサル(餅型)です。
往年の茶人はこれに注目し、蓋置に見立てて使用したそうです。
このトクサルは、高麗白磁を受け継ぐ軟質白磁で青色を帯びており、器壁が厚く胎土と釉薬が粗いので、李朝前期(1419-1465)の作と考えられます。

商品詳細

サイズ 径10.2x底径4.8x高さ5.4cm
年代 李朝前期
状態 台の縁裏にソゲがありましたので、当店にて金継ぎをいたしました。
付属物 合せ箱(当店誂え)
備考 カマキズ、ピンホール、ムシクイ、カンニュウは、時代の味とお考えください。